こんばんわー
今週もやっていきます補佐官サトーです

8章1節リリースから10日ほど経ちまして、皆様攻略は順調でしょうか
サトーはと言うと、とりあえずは一通り全難易度の金冠クリアを達成しまして一安心しているところであります
シナリオ的には、モラクスがですね、、モラクス…
おのれメギドラル

さて、今日は簡単な説明を交えて73-6,74-6,75-6のクリアパーティーを紹介していきます
ネタバレになる部分もあるので、攻略は自分でやるぞ‌って方はブラウザバックおねがいします
20200510_230246
念の為、見たくない人向けのクッション画像に悪そうなガブリエルをぺたり

では順番にやっていきます
Screenshot_20200510-223416_72
73-6
バレットアーツを駆使する難敵で、開幕から初期装填されたバレットを撃ち込んできます。
最初の2発は感電+予防特効になっていますが、このバレット効果は再装填されないのでここだけ凌げば単体攻撃をかばって無力化できます。
撃ち込まれる前に盾役にショートチェインでかばう発動、3ターン目には感電が切れているのでまたショートチェインでかばうを更新できるようになります。
敵のバレットアーツを抑え込む方法としてバールゼフォンの覚醒スキルで全体に混乱を与えます
混乱によって被弾を抑える目的もありますが、味方攻撃はアタック扱いなので彼らの特性でバレットを消費して殴り合ってくれます
厄介な攻撃が飛んでくる機会を大幅に減らせるので、範囲混乱を使えるメギドがいれば活躍できると思います
その後、サトーは彼らの高い攻撃力を利用して侵食地形でじわじわ削り、最後はザガンの奥義を列化して華麗にキメました

Screenshot_20200510-233243_72
74-6
特性による複数回蘇生と特殊状態デスギフト+レイズギフトが厄介な難敵です。
スキルで特殊状態を付与してきますが強化解除では剥がせないので、レイズギフトの効果による即死をかいくぐる手段を用意するか、スキル発動前に感電で止めてやるといいです
サトーは序盤を感電で凌ぎながら怒涛を仕込み、その後準備が整ったらスキルを使わせる間もなく圧倒的火力で蹂躙する編成で攻略しました
感電用にオーブでペインフィンガーやエリンギーグを採用しつつ、非劣化フォトンを優先する敵のAIを利用して積極的にスキルを取るように誘導すると安定して戦うことができます

Screenshot_20200510-233407_72
75-6
チェインで連携を図ってくる難敵です。
束縛でバフ妨害、氷結地形で交互に左右の攻撃力を下げることで被害を抑えつつ連携を崩して戦いました
スキル一つで列束縛が可能な上、特性で状態異常持続+1までついたカスピエルが大活躍します
劣化フォトンを使ったとしても2ターン持続できるのは単純に強い
必要な場面でスキルを確保できないパターンに備えてアンドロマリウスを入れてます


以上、編成の紹介でした
それでは皆様もよきメギドラルライフを